研究助成

日本緩和医療薬学会では、緩和医療薬学領域の質を向上させることを目的とした研究を推進しております。
具体的には、研究推進委員会は、2019年度より公益性、将来性、社会的ニーズなどをもつ研究を公募し、研究資金や結果発表を支援する研究助成事業を開始しております。
研究助成事業は、2020年度も継続致しますので、以下の要領を参照頂き、会員の皆様の応募をお待ちしております。

なお、2019年度は、2件の研究が採択されています(採択課題へ

研究推進委員会 委員長 佐藤淳也

(一社)日本緩和医療薬学会 2020年度研究助成 募集について

 2020年度の応募の詳細は詳細は募集要項をご確認下さい。

1. 助成対象

 本学会会員(1個人1研究計画に限る)とします。

2. 研究課題

 緩和医療領域の質を向上させることを目的とし、公益性、将来性、社会的ニーズなどをもつ臨床的有用性のある研究とします。

3. 助成額・対象件数・研究期間

 1件につき最大10〜20万円(最大4件)とします。

 研究期間は、2020年4月1日から2021年3月31日までの1年間とします。

4. 応募方法

 申請者は下記リンクから研究助成事業申込書(様式1)および収支予算書(様式2)をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、研究計画書(自由様式)とともに、期日までに学会事務局(jpps@a-youme.jp)へメールにてお送り下さい。

<添付書類>
(1)研究助成事業申込書(様式1)
(2)収支予算書(様式2)
(3)研究計画書(自由様式。自施設の倫理委員会等に提出したものでも可)

5. 募集期間

 2019年12月9日(月)〜2020年1月31日(金)

6. 選考方法・選考結果の通知

 研究推進委員会に設ける選考委員会にて厳正な審査選考を行い、理事会承認を経て決定する。選考結果は各申請者に3月下旬までに通知します。

7. 完了報告書及び収支報告書の提出、および研究成果の発表

 採択された研究は、研究助成期間終了後30日以内に研究完了報告書および収支報告書(領収書の写し等を含む)を学会に提出してください。
 また、研究成果が得られた場合は、本学会年会の受賞講演等にて口頭発表することおよび日本緩和医療薬学会雑誌への論文投稿(原著あるいは総説)を依頼することがあります。

8. 問い合わせ先・提出先

一般社団法人日本緩和医療薬学会 事務局
E-mail:jpps@a-youme.jp