麻薬教育認定薬剤師認定制度

麻薬教育認定薬剤師 新規申請要件

麻薬教育認定薬剤師の認定を申請する者は、次の各項の要件を全て満たす必要がある。

  1. 日本国の薬剤師免許を有し、緩和医療や医療用麻薬に関する実務、研究あるいは教育に携わった経験と優れた見識を有していること。
  2. 日本緩和医療薬学会の会員であること。
  3. 過去5年以内に、認定対象となる講習会(当学会年会中の指定シンポジウム、当学会主催の教育セミナー、厚生労働省、麻薬・覚せい剤乱用防止センター等主催の「疼痛緩和のための医療用麻薬適正使用推進講習会」等)を計10単位以上履修していること。
  4. 過去5年以内に、認定対象となるe-ラーニング講習(20講座)を履修していること。
    ただし、緩和薬物療法認定薬剤師あるいは緩和医療専門薬剤師の資格を有している者は所定のe-ラーニング講習(認定/専門薬剤師用 12講座)を履修していること。
  5. 申請時に、当学会主催「麻薬教育認定薬剤師研修会」を受講していること。
  6. 本学会が行う麻薬教育認定薬剤師認定試験に合格していること。
  7. 所属する施設や部門の長(病院長、薬剤部長、施設長、店長等)の推薦があること。
    ただし、自らが長にあたる場合は自薦も可とする。
上記@)〜F)のすべてを満たした者は麻薬教育認定薬剤師の新規申請を行うことができる。

※新規申請方法は下記の「麻薬教育認定薬剤師 新規募集の再開について(PDFファイル)」を
 ご覧下さい。


関連ページ・参考資料

▲ページトップ